オルタナティブな価値を発信するライラック研究所・新規創薬・国際特許許諾先求む

 

 

 IMG_0630-300x300      DSC_4165 DSC_4332

 日本国特許・外国特許証                  五月の札幌 ライラック祭り                                

 

<会社案内>

称号:(株)ライラック研究所

主たる業務;  自然科学研究開発機構(Institutes of Natural Sciences)

 植物酵素剤、新種の植物共生菌による抗生物質研究開発、新種の麹菌による食品工業への応用、機能性脂肪酸、短期高熟成味噌開発等、消臭脱臭技術ノウハウ集大成;新規分野を含めたテクノロジーソリュウションズ(technology solutions)知的財産権許諾先ネットワークを構築中 。

会社所在地 埼玉県入間郡毛呂山町川角1195番地の2

      その他、大宮STビル1F(株)ライラック研究所東京分室   

メールアドレス:lilaclaboratory@spring.biglobe.ne.jp

会社設立 1958年9月10

資本金 1000万円(授権資本4000万円)

代表取締役 平岩 節(たかし)

主たる研究者 7名 その他 

 

<業務内容>

1.機能性食品(糖尿病、腎不全、貧血、慢性便秘とそれに伴う諸疾患の改善等)の研究開発。

開発製品:酵素天恵(登録第5644238号),天恵寿草(登録第4582303号,健美酵素(登録5108113号),美健酵素(登録第5108114号),機能性脂肪酸等,『酵素・平安院』OEM商品。特許第5261692号

その他、植物酵素と自己免疫疾患に関する研究開発等。

2.医薬品及び医薬部外品の研究開発:抗免疫抑制薬(自己免疫疾患・臓器移植に応用)の研究開発、糖尿病治療薬、アトピー性皮膚炎治療薬、創傷治療用抗炎症生体被膜剤の開発、肺真菌症治療薬、日和見感染症治療薬、ウイルス性疾患(エボラウイルス感染症等)予防薬等の研究開発;機能性化粧品、新開発の痒み防止剤、痒み防止ベビーパウダーの開発等。

3.冷蔵庫用消臭剤、自動車用消臭剤・脱臭剤、ペット用消臭剤(脱臭困難な猫のマーキング臭を99%以上カット)、新技術によるペットの目線で考えられた、ペットに優しい消臭脱臭剤開発、食品鮮度保持剤等。

4.医療用消臭脱臭剤

『当社呼称:デオット99』等 日本オストミー協会推奨品(OEM商品)

5.医療機器

院内感染予防、医療用高性能真菌類集塵機器(某病院で6年以上稼働中)

6.特殊粉体化技術:米国ウィスコンシン州立大学のカミングス教授の開発したJet  spray dryer(横型)を継承、実用化に成功(熱容量係数1000以上の超小型)、乳酸菌や抗生物質等の熱感受性の高い特殊粉体化、研究開発及び装置のご提供。自社開発のスプレードライヤーによる委託研究及び装置開発指導等。

 

<エピソード>

当研究所は世界ではじめて、活性膠体ゲル、『効き目が見えるゼリー状の脱臭剤』を開発しました。これまでの活性炭脱臭剤の不得手とする「高温度領域特性」に優れ、使用終了が目視できる特徴があります。このゲル脱臭剤(消臭剤)は国民生活センターで有効性が実証されています。OEMにより5000万個以上の販売実績があります。

社会的認知を受けるまでの道程は容易ではなく、営業マンは自ら食して、客先で安全性をアピールしました。東京都消費生活課に寄せられた苦情は、おおよそ10000件にもおよびましたが、その時点で大手スーパー(イトーヨーカドー)全店舗で1000個も販売されていませんでした。その結果、安全性に対する公聴会が東京都庁消費生活課により主催され、主婦連、NHK、東京都食品研究所、朝日新聞社等質疑応答の結果、ゲル消臭剤の安全性と有効性等の疑念が払拭され、ようやく社会的認知を獲得しました。

webMainC